GALLERY


WEB SITE


SHOPPING


LINK


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、とある業者の方にシートが柔らかいと指摘を受けシートの中身を考え直しました
柔らか過ぎると逆に痛いと言う事です

で、自分なりに試した結果、硬い部分と柔らかい部分がいるということに落ち着きました

では先ず、お尻や腰が痛くなる原因

1 単純に硬過ぎる
2 柔らか過ぎる
3 座面が小さい
4 薄い
5 体に問題ある
6 チョッパーやししゃあない
7 エコノミー症候群

主な原因は6です

しかし、柔らかい方が逆に痛いのは意外でした



先ず、柔らか過ぎるとシートの底にお尻が当たって痛い
つまり硬い物の上に座っている事になる
これは1の単純に硬過ぎるにも当てはまります

次に、分厚くて底に着かないやつ

バイクに乗るときはお尻【骨盤】で体支えてるので
柔らか過ぎる物の上に座ると
お尻が前後左右に動きすぎる
そうなるとバランスを取ろうと無意識に余計な力が入り続けます
堪えてる感じかな?そんな状態になります

そら疲れます
だって堪えてるんですから
お尻にとっちゃただの苦行です

ちなみに、腹筋が疲れて硬くなると腰痛くなるようです
人間の体は大きく分けて
前の筋肉と後ろの筋肉でバランスが取られてるとなると
勿論、どっちかが疲労すると残りの方の負担が大きくなるからです

そうなりやすいのは猫背で乗らんと変になる
フリスコステップのハンドル遠いやつです

でも、体全身がめっちゃ柔軟なひとは大丈夫なんかも知れない

3 座面が小さい

これも柔らかいのと同じ理由で痛くなります
お尻と腰がシートからはみ出してるので
真ん中らへんに負荷がかかります


5. 体に問題がある
もともと腰痛などある人は何乗っても多分痛いです
これは体と向き合って下さい

6 チョッパーやししゃあない
こらもうしゃあないです
そんなもんなんですから

今のところ思いあたる原因はこんなもんやと思います。

後、どんなええ椅子でもずーっと座ってるとエコノミー症候群になります
同じ体勢が続くのは良くないですね


では、痛くなりにくいシートはどんな中身がええか

硬い部分と柔らかい部分があると

硬い部分が骨盤をしっかり支えて
柔らかい部分がええ感じの座り心地を出してくれます
18444.jpg
この黒いラインより下が硬いウレタン
上が少し柔らかめです

そして、実際シートを貼るとタックロール用に一緒に縫い付けるウレタンを
高反発の柔らかいウレタンにしているので
3層構造になります

タックロールなどがない場合は最初から3層にします

こうすることによって痛いのが軽減されます

スポンサーサイト
基本的には手縫いのシートはサドルシートのみとしておりますが
手縫いでしか出来ないオーダーに対しては受付ます

今回はそんな一例でした

ピリオンシートのオーダーでしたが
現在付けているシートと一緒の感じで
というものだったので、受けたものの
そのシート見たら
あらま〜、手縫いじゃないですか…
しかもかなりタフだ

てことは自分もせなあかんやん

で、これです
IMG_20150622_200302.jpg

IMG_20150622_200909.jpg

この渡されたシートのタックロールが凄い事してあったんで
これは自分の持ってるミシンではこの雰囲気は絶対に無理でした

並べるとこんななります
IMG_20150622_200934.jpg

しかもこの渡されたシートは縫製も全て手縫いで
なおかつマチと表皮の縫い合わせにしては特殊なやり方
普段のやり方では雰囲気が合わせれないので
ここも一緒のやり方せんなんやん…

てことで渡されたシートを作った人のハイクオリティさに敬意を表して
コピーさせてもらいました
申し訳ありませんが
模造品を作りました

こぉなったらテーマは

模造品 Made in Japan

です。

さて、自分は財布や小物類は手縫いなんですが
シートなど立体モノではミシンを使います

そんなスタイルでやらせてもらってます
なぜかとしばしば聞かれます

一応両方どっちでも出来るけど
それぞれ自分がそっちの方が好きだらからです。

シートに対しては合皮で作る方が好きです

それぞれモノとしての雰囲気が
そっちのほうが好きなんです

そんな理由ですが
シートは基本的にはミシンでの制作とさせて頂きます


お知らせ

携帯電話は琵琶湖に落ちてしまいました

契約している携帯メーカーに代替機でだせるものがないらしく
大変ご迷惑おかけしますがご連絡希望の際には、下記のメールアドレスまでご連絡下さい
公衆電話に走ります
修理完成の目処は一週間〜10日のようです
よろしくお願いします

Bloodknotleathers 木杉

bloodknotleathers@gmail.com


20150324205207e5f.jpg

Newアトリエ 

気分はまさにこれです



とりあえず自分でやらな気が済まない性分なんで
できそうなとこは全部自分でやったんねん精神から始まった僕の無計画な改装工事

正月早々から天井解体手伝ってくれた実兄(ケンバトラーズ
本業でもないのに大工仕事も素晴らしい技術を持った友人達が(クロス屋さん、美容師brick)
休みの日やのにめっちゃ手伝ってくれたり
自分にとって落ち着く空間になるよう、プロデュースしてくれたKaonnel

エクステリア Kyo 岡本工務店 引っ越しやSou 

その他多くの人々に助けてもらい
無事に大した怪我する事なく工事を終えれました
感謝の気持ちであります。

ありがとうございました

before
IMG_4259.jpg

aftre
IMG_4710.jpg


尚、打ち合わせ等でお越し頂く際には
納品等で出払ってる事がありますので
必ず事前にご連絡下さい
宜しくお願い致します

603-8172
京都市北区小山初音町16-8 ダイアモンドビル3F

Bloodknot Leathers 木杉 駿吾


お知らせ

12/27より
アトリエ移転の為しばらくの間制作を休止し
アトリエの工事に入ります
1月中頃を目処に完成を予定しており〼

お急ぎのオーダーには対応させてもらいます

Bloodknot Leathers 木杉

about.jpg

 | ホーム |  前のページ»»